愛知

【愛知】国宝5城の「犬山城」見学とその城下町めぐりへ!長蛇の列ができる天守閣の絶景とは!?

どうも、ヒロキです。

2022年、1月9日の日曜日に国宝5城の1つ「犬山城」とその城下町に行ってきました。

犬山城のある愛知県犬山市は僕の父親の故郷(=僕の第二の故郷)でもあるので、犬山城含めて小さいころにはよく行ったものです。

そんな犬山城に、今回は5年以上、いや7〜8年ぶりくらいに行ったのですが、

結論からいうと、何回行っても素晴らしいとろこです。

 

本記事では、長年犬山を見てきた僕だからこそわかる、犬山城とその城下町の魅力を持て余すことなくお伝えします。

 

名古屋から犬山城への行き方

1月9日、この日は名古屋から犬山城を目指します。

名古屋から行く場合、まずは名鉄で名古屋駅から犬山駅まで行き、そこから徒歩で犬山城を目指す流れになります。

(JRの名古屋駅じゃなくて名鉄名古屋駅です!)

犬山城だけに行くなら犬山遊園駅のほうが近いです。今回は城下町めぐりがメインなので、犬山駅で降ります)

 

電車で約30分ほどで犬山駅に到着(片道570円)。

 

駅に着いたら西側の出口へ。

犬山駅からは歩いて(最短で)約20分くらいで犬山城に行けます。

 

とはいえ、今回は犬山城下町めぐりがメインなので、ゆっくりあせらず食べ歩きしながら犬山城を目指しましょう♪w

城下町には美味しい食べ物屋がずらりと並んでいるので、見ているだけでも楽しいですよ♪

 

犬山の城下町めぐり&食べ歩きツアーへ

 

さて、僕らも早速城下町めぐり&食べ歩きを開始します。

犬山城下町は昭和の雰囲気が色濃く残る、風情ある町並みが特徴的です。

 

現在も江戸時代と変わらない町割りがそのまま残っており、江戸時代から昭和までの歴史的建造物が多く立ち並んでいます。

城下町の大通り(本町通り)を歩いていると、まるで過去にタイムスリップしたような錯覚におちいってしまいますね。

 

僕が小さいころから風情ある町並みは変わりませんが、年々整備されていることもあり、、

昭和の風情を残しつつも清潔感のある町並みへと進化しているようです。

本町通りには小規模の屋台や駄菓子屋、オシャレなカフェまで様々な店がずらり。

まるでお祭りのときのような雰囲気。子供も大喜びですね。

着物姿の若者もちらほら。犬山城下町では着物のレンタルもできますよ。

 

ところで、犬山の郷土料理といえば「味噌田楽」と「五平餅」。

食べ歩きするなら、ぜひこの2点は食べておきたい。

 

豆腐田楽で人気のお店「さくら茶屋」へ

まずは豆腐田楽を食べるべく、お目当てのお店「さくら茶屋」へ。

店に入ったのが12時過ぎていたこともあり、店内はほぼ満席。

運良くカウンター席に座ることができました。

 

ここの定番人気メニューは、豆腐田楽がセットになった「さくら膳」。

一人前で1,320円。

 

もちろん、単品で豆腐田楽を頼むこともできますが、せっかくなら定食でいただきたい。

僕が見た限り、お客さんの90%以上はこの「さくら膳」を頼んでいました。

10分ほど待って料理が到着!

じゃ~ん!

豆腐田楽は甘味噌ダレがマッチして、香ばしい香りも相まって美味しい!

一口サイズなので食べやすく、女性でもペロッと食べれてしまう。

汁物もだし汁が上品な味わいで、寒い季節に冷えた体を芯から温めてくれる。

一品一品に店主のこだわりが感じられる、そんな定食でした。

見た目もオシャレなのでインスタ映えしそうですね(笑)

 

一見、量は少なそうに見えて、食べ終えたら意外と満足でした。

城下町で食べ歩きすることを考えると、ちょうど良い量かもしれませんね。

 

 

五平餅の名店「山田五平餅店」へ

続いては、みんな大好き五平餅の店「山田五平餅店」。

味噌ダレの香ばしい香りが食欲をそそる、手作り五平餅。

香ばく焼かれた餅に、ごまやクルミ、ピーナッツなどを練り込んだ自家製の甘じょっぱい特性ダレがたっぷり。

注文を受けてから焼いてくれるので、熱々の状態でいただけます。

ふっくらもちもち食感&特性ダレの香ばしい香りがたまらない!美味しすぎて何本でも食べられますw

お値段は1本100円。1本はみたらし団子サイズと小ぶりなので、食べ歩きに最適ですね。

いつも行列ができるほどの人気店で、僕らが行ったときも常に並んでいました。

 

 

ふらっと立ち寄った「犬山ぐーまる」の紅はるかのバニラアイス乗せが絶品すぎた

続いてはこちら、紅はるかの上にバニラアイスを豪快にのせた一品。

 

まず驚いたのがその大きさ!

野球ボールサイズのバニラアイスが2個もズドーンと。

 

そして、さらに感動したのが、紅はるかの甘さ!

しっとりと重厚感のある食感と、熟成して糖度を極限まで高めたといわんばかりの甘さ。

ほんのり塩味を効かせた芋とバニラアイスの、最高の「甘じょっぱ」コンビネーション!

これで600円はコスパ良すぎ!忘れられない味でした。

 

 

きなこ系スイーツならここ「Inuyama 975 cafe」

続いては、きなこ系好きにはぜひ行ってほしいカフェ「Inuyama 975 cafe」。

この975で「きなこ」らしいです。

Inuyama 975 cafeでは、トーストを中心としたきなこ系スイーツから、サンドイッチやパスタなどの軽食も提供しています。

トースト系のメニューはインスタ映えするものが多いので、女子ウケが良さそう。

 

今回、僕らが注文したのは、店のオススメメニューのきなこと粒あんのトースト。

もっちりトーストの上にはたっぷりのきなこと、粒あん、バニラアイス、ホイップクリームが添えてあります。

もう、いわなくても美味しいってわかるw(実際、トーストがもっちもちで美味しかったですよ!)

 

そして、トーストだけにとどまらず、

唐揚げとポテト、オニオンリングがセットになったシェアセットも注文。

どんだけ食うねんw

まぁ、甘いもの食べるとなぜかしょっぱいもの食べたくなりますよね?

甘→しょっぱい→甘の繰り返し。もう永遠に止まらなくなる組み合わせですねw

さすがにそろそろ食べ過ぎて苦しい頃ですが、甘しょっぱいの繰り返しでペロッと完食してしまいましたw

 

ドリンクにはカフェラテを注文。ミルク多めで個人的には好き。

ドリンクのおかわりが2杯目以降は半額になるのも嬉しいポイントです。

混雑していたら提供時間がかかる(30分前後)ので、時間に余裕のある方にはオススメです。

 

 

本格的な珈琲が味わえる古民家カフェ「珈琲ボタン」へ

本町通りから少しだけ外れた場所にある、店の看板が素敵なカフェ。

この日の締めは、珈琲好きには絶対行ってほしい古民家カフェ「珈琲ボタン」に行ってきました。

 

「珈琲ボタン」の珈琲は、すべて自家焙煎したものを一杯ずつハンドドリップしています。

このコーヒーがさらっとした味わいで癖がほとんどなくとても飲みやすい。

僕は基本的にコーヒーにはミルク入れないと飲めないのですが、ここの珈琲はミルクなしでも全然飲める。

むしろ、ミルクなしで珈琲本来の香りを楽しみたくなる。そんな衝撃的な美味しさでした。

 

さらに、ケーキや焼き菓子もすべて手作り。

ここの人気メニューはチーズケーキ、そして写真にあるチーズケーキパフェ。

濃厚でありながらほどよい甘さのチーズケーキ、クリームチーズを練り込んだ自家製アイスクリーム。

これがまた美味しい!!自家焙煎珈琲とよく合うんですよ!

今まで食べ歩きしてお腹いっぱいになったはずなのに、ペロッと完食してしまいましたw

ここは何回も通いたいですね。

 

 

いざ、犬山城へ!

さて、いよいよメインディッシュの犬山城といきましょう。

本町通りを突き当りまで進むと神社が見えてきます。

 

向かって正面左手に、犬山城への入口があります。

こちらの、犬山城の石碑が目印です。

 

坂を登って5分ほどで、犬山城の入口に到着。

犬山城への入場は有料(大人550円)。入口手前にある発券所でチケットを購入しましょう。

 

チケットを購入したら、改札に進みます。

 

この日は日曜日とあってか、かなり人が多かったです。

15時ごろに行ったにもかかわらず、城の中に入るまで40分待ちという盛況ぶりでしたした。

ゆっくり見て回るなら平日がいいですね^^;

 

さて、約40分ほどして城に入ることができました。

城の中は土足厳禁なので、入口でスタッフから配られるビニール袋の中に靴を入れて、持ち運びながら城内を見学します。

 

といっても、城内は見学コースが決まっていて、順路に従って進んでいく感じになります。

入ったら、そのまま最上階の天守閣に向かい、景色を見終えたら下りながら城内を見学していくという流れです。

 

城内の階段はとても急なので、高所恐怖症の人にはちょっと辛いかも^^;

(といっても小さい子供も登り降りしていたので、ゆっくり焦らず登り降りすれば大丈夫です)

あと、女性はスカートで行くのはおすすめしません。(笑)

 

さて、城内も長蛇の列なわけですが、入城してから20分ほどで最上階の天守閣に到着。

天守閣からの360°の眺めは素晴らしいの一言に尽きます。

 

特に天守閣の西側から見る、木曽川の絶景はヤバい!!

 

写真で見てもすごいと思いますが、実際はもっとすごいです。感動しますよ!

 

こちらは、天守閣の北側から撮った写真。

 

本当に360°どこから見ても絶景です。

この日は行列のためゆっくり景色を堪能できませんでしたが、それでも行ってよかったと思えるほど感動。

(犬山城へは3回以上行っていますが、天守閣からの絶景は何回見ても飽きません)

犬山城まだ行ったことない方はぜひ行ってみてください。一見の価値アリですよ。

 

まとめ

2022年1月9日(日)。犬山城とその城下町めぐり&食べ歩きの1日でした。

この日は、犬山城下町をめぐりつつ、食べ歩きメインの観光をし、15時頃に犬山城入りしました。

日曜日ということもあり、犬山城はかなり混雑していてゆっくり見学できませんでしたが、それでも天守閣から見た360°の絶景は素晴らしかった。

地元民の僕でも、何回行っても飽きない場所だと思える場所です。

犬山へは名古屋から電車で1本とアクセスも良いので、名古屋在住者はもちろん、名古屋を訪れた方もぜひ足を運んでみてください。

きっと、忘れられない思い出ができるはずです。

 

それではまた。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です