愛知

佐久島へのアクセス方法・料金まとめ。バス、フェリーの時刻表や混雑時期は?

どうも、ヒロキです。

今回は、実際に佐久島へ行った僕が、佐久島へのアクセス方法や料金についてご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 交通機関別の佐久島へのアクセス方法(車、電車やバス)
  • フェリーの時刻表と料金
  • フェリーの混雑状況(混雑時の臨時便運行情報など)
  • 帰りのフェリーを利用する際の注意点

これから旅行で行かれる方の参考になれば幸いです。

※本記事では名古屋駅から佐久島へ行く方法についてご紹介します。

 

佐久島行きフェリー乗り場までのアクセス方法

佐久島へは、いったん佐久島行きフェリー乗り場まで行き、そこからフェリーに乗って行くことになります。

名古屋から佐久島行きフェリー乗り場までのアクセス方法は大きく分けて3つあります。

  • 車で行く
  • 電車とバスを利用して行く
  • 電車とタクシーを利用して行く

それぞれ解説していきます。

 

車で行く方法(駐車場情報あり)

車で佐久島行きフェリー乗り場まで行く場合、高速道路を使って約1時間15分、一般道を使って約2時間ほどかかります。

平日の7〜9時(通勤時間帯)は一般道がかなり混雑します。なので、平日9:30発のフェリーを目指す方は注意!高速道路を利用しましょう。

 

駐車場はフェリー場の道路挟んで向かいにあります。料金は無料です。

 

電車とバスで行く方法

以下、電車とバスを使って行く流れです。

  • 【電車】名鉄名古屋駅西尾駅(片道810円、約1時間)
  • 【バス】西尾一色さかな広場 佐久島行乗船場(片道200円、約30分)

交通機関で行く場合の最短、かつ最も安い行き方です。

バスはICカードが使えない(現金のみ)ので注意しましょう。

 

電車とタクシーで行く方法

途中まで電車で行き、タクシーに乗り換えてフェリー乗り場まで行くこともできます。

  • 名鉄西尾駅から・・・約3,800円(25分)
  • 名鉄吉良吉田駅から・・・約2,700円(20分)

名古屋から西尾駅までは810円、吉良吉田駅までは1,010円。

トータルすると吉良吉田駅からの方が安く行けます。

 

とはいえ、電車&バスで行くよりも高いので、

  • バスが運行していない時間帯に利用したい
  • バスの混雑をさけたい

など特別な理由がない限りは電車&バスの利用をおすすめします。

 

佐久島までのフェリー料金と時刻表まとめ

 

フェリー料金

フェリーは大人片道830円、往復1,660円です。

子供は大人料金の半額。

追加で520円払えば、マイ自転車の持ち込みも可能ですよ。

乗船券は受付、もしくはその隣にある券売機にて購入できます。

 

フェリー時刻表

2022年1月現在の佐久島行きフェリーの時刻表です。

一色港発の始発は6:30ですが、バスで行く場合は9:30発が最も早いです。

帰りは、バスの最終便が18:00発となっているため、バスで訪れた方は遅くとも17:15発の佐久島東港発(西港は17:22発)のフェリーに乗る必要があります。

 

フェリーの混雑時期と臨時便の運行について

佐久島行きフェリーは時期や曜日によっても混雑状況が変わってきます。

平日は比較的空いていますが、日帰りで行けるということもあり土日祝は混雑しているでしょう。

特にGWやお盆休みなど長期連休のタイミングはかなり混雑します。

時間帯でいうと、9:30発、11:30発の便に集中するため、余裕をもって6:30発もしくは7:40発の便を利用するといいでしょう。

 

また、フェリーの乗船定員は約110名と少ないため、繁忙期は1回では乗れない可能性があります。

とはいえ、混雑時は臨時便の運行があるので安心です。

 

逆に、冬季(特に1〜2月)は閑散期にあたり店を閉めるところが多いため、土日祝でも比較的空いています。

 

 

佐久島へのアクセス方法については以上です。

ぜひ、以下の佐久島の旅行記もご覧ください。

【愛知の離島】アートの島「佐久島」で日帰り観光!冬季の混雑状況は?カフェは営業してる?どうも、ヒロキです。 2022年、1月8日の土曜日に愛知の離島「佐久島」に行ってきました。 佐久島といえばアートの島として有...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です