北海道旅行記

【北海道一周の旅 13日目】稚内〜宗谷岬〜網走〜知床のホステルへ

 

悪天候が続く北海道。

淡い期待も虚しく、本日もくもり雨。

そんな天候の中、この日は稚内から知床へ、約400kmの道のりを移動します。

まずは、日本最北端の宗谷岬へ向かうところからスタート。

 

スポンサーリンク

日本最北端の地「宗谷岬」へ【9:30】

日本最北端の地である宗谷岬。

天気が良ければサハリン島(樺太島)が見えるといわれている場所です。

 

が、この日は曇天かつ強風。

モニュメントだけ撮って、早々に撤収しました(笑)

 

 

 

とうとう日本最北端の地へ来たんだな・・・

と、一人しみじみと思った。

だが、寒いww

 

駐車場の奥にあるお土産屋。

 

 

経度・緯度よりも気温が気になった。

7月で9℃とか、ありえんww

 

 

店内奥に気になる場所発見。

 

 

 

この中に入れってことか?ww

 

 

寒いのキライなぼくはガラス越しに中を眺めるだけにしておきました(笑)

 

 

北海道固有の動物の剥製たち。

 

 

子供が喜びそうな場所ですね。

 

日本最北端の食堂でウニ丼を食べる【9:50】

宗谷岬はもういいかな、と思い駐車場に戻ろうとしていたら、気になる食堂を発見。

駐車場のちょうど向かいにあります。

日本で一番北の食べ処「食堂最北端」。

 

 

10時前だというのに、バイクが3台も停まっている。

ライダー達の間では人気なのかな?

 

ちょうど朝飯も食べていなかったし、朝昼兼用にしてもいいかなと思い、ここで食べることに決定。

メニューは至ってシンプル。

 

 

普通の食堂って感じのメニューだ。

が、カウンターをよく見ると・・・

 

 

ウニ丼とかあるし。

メニュー表にはないメニューがある。

「つぶやき」って何だ?ww

 

 

せっかく最北端の食堂へ来たのだから、店のオススメメニューを頼まなきゃ。

ってことで、ウニ丼注文しました。

 

 

稚内の近海で採れたであろうウニ。

甘くてとろける。。。

やはり、北海道のウニ丼は最高!

 

さり気なく付いているホタテ汁も非常に美味。

いいダシ出てますね〜。

体もポカポカに。

これで2,500円なり。

 

店主のおじいちゃんもすごい良い人。

ごちそうさまでした。

 

ソフトクリームが名物の「おこっぺアイス直売店」へ【12:40】

ドライブの休憩がてら寄った、興部町にあるアイスクリーム屋。

ネットの口コミで見ると、ここはソフトクリームが美味しい店で有名らしい。

 

 

ソフトクリームは300円。

 

 

受け取ったソフトクリームを見て少し衝撃を受けた。

まるで生クリームのようななめらかさ。

 

 

濃厚なホイップクリームのような味わいで、だからといってしつこくない絶妙な甘さ加減。

シャーベットのようなさっぱり系のソフトクリームとはまた違う、新食感。

 

噂通り、かなり美味しかった。

興部町を通る機会があればぜひ寄ってみてほしいソフトクリーム屋でした。

 

[mobile-only]

スポンサーリンク

[/mobile-only]

道の駅 流氷街道網走へ【15:20】

興部町からさらに東へ車を走らせて、とうとう網走まで来たました。

休憩がてら寄った、道の駅 流氷街道網走。

 

ここの道の駅の土産店がすごかった。

 

 

開放的な店内に広がる、北海道の土産物。

 

 

富良野のメロン。

 

 

カニ。

 

 

網走の名産。

 

 

 

人気のスイーツまで。

 

 

道の駅にしては、なかなか豪華なラインナップでした。

店内にはカフェも併設しています。

 

 

ここは車中泊も可能だそうです。

 

shiretoko HOSTEL hanare にチェックイン【17:00】

網走から車でさらに1時間強、ようやく本日の宿「shiretoko HOSTEL hanare」に到着。

ここのホステルは「しれとこ村」という宿泊施設が経営する宿です。

 

 

チェックインは向かいにあるしれとこ村の受付で行います。

 

 

チェックイン後、向かいにあるホステルへ。

 

 

 

 

 

部屋はドミトリーになっています。

ドミトリーといっても、カプセルホテルみたいに、ほぼ個室感覚の部屋。

 

 

ぼくのねぐら(笑)

 

 

読書灯、コンセント、貴重品ロッカー付き。

 

 

しれとこ村の本館は宿泊客が多かったが、こちらのホステルは人が少なかったので超快適でした。

こちら共用の洗面台と冷蔵庫。

 

 

洗濯機と乾燥機(どちらも有料)。

 

 

お風呂は本館まで行く必要があります。

この日は雨降りだったので、本館とホステルの行き来が面倒。

 

 

お風呂はかけ流しの温泉。

本館の夕食タイムに風呂行ったら、誰もいなかったのでほぼ貸し切り状態(笑)

 

 

 

知床の湯、なかなか良い湯でした。

風呂上がりの誘惑ww

 

 

酒類のラインナップが充実している件w

なんと気の利くホステルなんだw

 

オシャレ喫茶「ボンズホーム」で夕食【17:40】

知床周辺にはレストランやカフェが少ない。

なので、知床で泊まるなら1泊2食付きが便利。

 

だが、素泊まりのぼくは夕食を求めて町へ。

ネットで調べて気になっていたカフェ「ボンズホーム」へ。

 

 

ここは「栗じゃがいも」という、珍しいタイプのじゃがいもを使った料理が人気らしい。

栗じゃがいもは、収穫してから数ヶ月間寝かしている間に栗やさつまいも並みに糖度が上がるんだそう。

 

 

 

カレーが定番らしいので、カレーを注文。

 

 

ん〜、思ったよりも量少ない。

並盛りで1,080円。ちょっと高いな〜。

でも、栗じゃがいもは甘くて美味しい。

カレーは普通。

大盛りにしておけばよかったかも。

 

腹ペコのぼくは、カレーじゃ物足りずデザートも注文。

栗じゃがいものプリンを頼んでみました。

 

 

これは当たりかも。

プリンとはちょっと違った食感。

プリンとスイートポテトの中間のような舌触りで、自然な甘さで美味しい。

コーヒーとよく合います。

 

全体的にお値段は高めだけど、栗じゃがいもというレアな芋を味わえただけでも良しとしよう。

お会計の際、レジ横に美味しそうなスコーンが売っていたので買ってみた。

 

 

栗じゃがいもで作られたスコーンだ。

これがめちゃくちゃ旨い!

パサパサしているイメージのスコーンとは裏腹に、しっとりして食べやすい。

1袋400円だが、買ってみる価値はある。

ボンズホームに行く機会があったら、ぜひ。

 

 

以上、この日の観光は終了。

明日は知床五湖を観光し、そのまま根室へ行きます。

ただ、明日も天気はくもり雨。

なんとかならないかな〜(泣)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です