北海道旅行記

【北海道一周の旅 17日目】帯広市内の観光(ぶた丼のとん田・柳月・六花亭など)

 

帯広には2泊するので、この日は一日フリー。

ということで、帯広を一日観光することになったのですが、帯広って意外と見て回る場所が少ない。

 

もちろん、探せばたくさんあるだろうが、ぼくの興味のありそうな観光スポットはあまりなさそう。

どちらかといえば、食べることに興味のあるぼく(笑)

 

ということで、今日はグルメをメインに回りました。

(てか、グルメネタしかないww)

 

スポンサーリンク

ぶた丼のとん田【11:30】

ホテル・ヌプカの個室が快適過ぎて、起きたのは9時過ぎ。

起きてからホテルの朝食を取り、しばらく部屋でぐーたらww

 

11時ごろに行動を開始しました。

この日、さっそく向かったのは豚丼で有名な店の一つ「ぶた丼のとん田」。

 

さっき朝食食べたばかりなのに、もう昼食とかww

でも、豚丼は別腹だww

 

ぶた丼のとん田は11時営業開始。

11時半前に着いたころにはすでに行列ができていた。

 

10分ほど待って入店。

 

 

ここの豚丼はヒレかロース、バラの3種類から選べる。

人気はバラ肉。

ご飯もバラ肉も大盛りにした、薔薇のようなバラ豚丼(1,100円)はインスタ映えしそう(笑)

 

 

もちろん、インスタ映えする大盛りのバラ豚丼を注文。

実物は想像以上のインパクトだった。

 

 

ご飯が見えないww

 

 

本当に薔薇のようなバラ豚丼だ。

タレはかかっていますが、付け足し用のタレまで付いている。

 

 

 

タレを付け足して、いざ試食。

 

ん〜、肉が柔らかい!

炭火焼きの香ばしい香りもたまらない。

タレも美味しいので、大盛りのご飯もあっという間。

 

こりゃ、並んで食べたくなる気持ち分かります。

帯広市内からは少し離れた場所にありますが、行く価値ありです。

(市内から車で10分、歩いて30分の場所にあります)

 

柳月スイートピア・ガーデン【12:40】

帯広といえば、豚丼とスイーツ。

スイーツで有名なのが柳月スイートピアガーデン。

 

 

柳月は三方六で有名な菓子メーカーです。

 

 

バームクーヘン菓子です。

 

 

柳月スイートピアガーデンには三方六だけでなく、本店限定のスイーツもたくさん。

 

 

 

また、北海道民から聞いた情報だと、朝早くに行くと三方六の切れ端が格安で買えるらしい。

翌日にもい一度行ったら、ありました。

 

 

三方六の円盤の切れ端が3枚入って300円なり。

これはかなり安い!

買って行きたかったのだが、賞味期限が短いし、まだ1周間ほど旅行期間が残っていたので今回は諦めました(泣)

(20分後には全て売り切れていました。早っ!ww)

 

この他、店内にはケーキコーナーも。

 

 

なめらか濃厚プリン、うまそう。

 

 

フルーツロール、うまそう。

 

 

スイートピアガーデンで人気らしい、きなごろもソフトを頼んでみた。

 

 

ん〜、めちゃくちゃ甘い。

美味しいけど、ちょっとクドい。

個人的にはあまり好きでない。ケーキの方がよかったかも。

 

奥の喫茶スペースには、無料で飲めるコーヒーと小豆茶があります。

これはうれしいサービス。

 

 

上の階には工場見学コースがあります。

 

 

だが、行った時に工場自体が稼働していませんでした。

残念・・・

 

上の階へ行く階段の手前にはなぜか巨大な十勝石。

 

 

パワーストーンらしいです。

ここでパワーもらいましょう。

 

六花亭 帯広本店【14:10】

柳月スイートピアガーデンで食後のデザートを食べたばかりなのに、次は市内にある六花亭へ。

北海道に来てはや2周間ちょっと、もうそろそろ六花亭には飽きてきた頃ですが、帯広は六花亭の発祥の地でもあるらしい。

 

それなら、ぜひ帯広の六花亭には行っておきたい。

 

 

向かったのは、2階にある六花亭のカフェ。

 

 

六花亭カフェのオリジナルスイーツが盛りだくさん。

 

 

スイーツだけでなく、ピザなど軽食メニューもあります。

 

 

以下、ぼくが注文したメニュー。

ショートケーキ、マルセイアイスサンド、コーヒー。

 

 

朝から食べ続けているので、そろそろ苦しいww

でも、食べておきたいから食べる。

 

マルセイアイスサンドは、マルセイバターサンドを凍らせたような感じ。

あまり特別感はなかった。

 

コーヒーもうまい。

コーヒーのおかわりが無料なのには感激。

 

ショートケーキはさっぱりした甘さで美味しい。

ただ、本当はもっと華やかなケーキが食べたかった。

1階のケーキコーナーにはあるケーキが、なぜ2階のカフェメニューには無いのだ!?w

 

 

ちなみに、1階はにケーキコーナーとお土産コーナーがあります。

 

 

おなじみのお土産。

 

 

奥には無料で飲めるコーヒーが。

 

 

手軽にスイーツ食べてコーヒーいただくなら、1階で済ませると良いかも。

 

友達とゆっくりおしゃべりしながらスイーツを味わうなら、2階のカフェスペースが良いんですけどね。

ぼくは一人ぼっち(笑)だったので、1階で済ませておけばよかったかも。

 

[mobile-only]

スポンサーリンク

[/mobile-only]

インデアン まちなか店【19:30】

散々食べまくって苦しかったので、六花亭を出たらひとまずホテルへ。

ホテルでテレビ見ながらゴロゴロして、お腹が空いたタイミングで夜の帯広へ。

 

完全に豚丼にハマってしまったので、また豚丼でも良かったんですが(笑)

この日は地元の人が強くオススメするカレー屋「インデアン」へ。

 

店の名前はインドっぽいですが・・・

 

 

店内は全然インドっぽくないですww

店員さんは皆日本人でした。

 

さて、ここインデアンはカレーが安くて旨いらしい。

 

 

普通のカレーじゃつまらないので、シーフードカレーを注文。

 

 

海老やホタテ、イカなど魚介類が盛りだくさん。

これで普通盛り。普通でも結構な量だ。

 

味の方は、ただただ旨い!

コク深いというか、なめらかな口当たりというのか。

じっくり煮込んだ感のあるカレーだな、という印象。

 

正直、この時あまりお腹空いていなかったので、このカレーの美味しさを100%実感できなかった気がする。

腹ペコ状態で行けば、もっと美味しく感じたに違いない。

 

シーフードカレーでお値段800円以内は安い。

しかも回転も早いので、すぐ食べてすぐ帰りたい人にはもってこいの場所。

 

観光客にはあまり知られていないのか、地元のサラリーマンが多い印象でした。

カレー好きなら、ぜひ寄ってみては。

 

【おまけ】他にも行ってみたかった帯広のグルメ

本当はもっと行きたかったグルメスポットがあるのですが、人間食べれる量には限界がある。

ギャル曽根さんのような底なしの胃袋だったら行けたのに(笑)

 

ということで、帯広で気になったグルメスポットを3つご紹介して、本日は締めたいと思います。

 

北の屋台

帯広の町を歩いていたら、なにやら屋台街っぽい場所を発見。

ここ、北の屋台はガイドブックにも載っているグルメスポットだとか。

 

 

おそらく10店舗以上はある。

一つの店舗は小さいが、店員さんや隣り合ったお客さんとの近いコミュニケーションを楽しめそう。

 

案内図っぽい。

 

 

ごちゃごちゃしているけど、結構色んな店あるんですね。

屋台好きの方はぜひ。

 

はげ天 本店

名前がアレな店ですが(笑)

ここも一応、豚丼で有名な店の一つです。

 

 

「豚丼のぱんちょう」や「ぶた丼のとん田」の豚丼と食べ比べてみるのも良いですね。

ぼくはそんなお腹の余裕がなかったので断念しましたが(笑)

 

平和園 本店

aikhmさん(@aikhm)がシェアした投稿

 

最後に紹介したいのが、平和園という焼肉屋さん。

地元の人がオススメしてくれた焼肉屋で、安くて旨いのでいつも地元客で賑わっている焼肉屋なんだとか。

 

実は今日この日、カレーのインデアンへ行くか、ここ平和園へ行くか悩んでいたんです。

しかし、あまりお腹空いていなかったので、焼肉は諦めました。

 

でも、機会があればぜひ行きたい。

 

eriko❥さん(@eri_monochrome)がシェアした投稿

 

以上、この日の観光は終わり。

今日は食べてばっかりの1日でした(笑)

帯広は観光というよりは、グルメの街だと実感しました。

 

明日はいよいよ北海道旅行の最後の都市、札幌へ向かいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です