北海道旅行記

【北海道一周の旅 20日目】札幌市内の観光(モエレ沼公園・白い恋人パーク・スープカレーGARAKUなど)

 

北海道旅行20日目、札幌観光2日目。

今日も朝から晴天。

快晴とまではいかないものの、久しぶりに晴れると気持ちが良い。

 

本日は車で札幌の郊外にある観光スポット巡りを中心に行います。

まずは、最初の目的地であるモエレ沼公園から。

 

スポンサーリンク

モエレ沼公園【11:40】

札幌の郊外にある、ガラスのピラミッドが目印のモエレ沼公園。

朝が苦手なぼくは、10時起きの11時にゲストハウスを出発するという・・・

相変わらずマイペース(笑)

 

モエレ沼公園は観光名所というよりは、地元の人が運動目的で訪れる公園という感じ。

とにかく広い。

 

 

公園の全面積は188.8ヘクタールで、東京ドーム約40個分もあるらしい。

自転車がないときつい。

 

 

モエレ沼公園にある、一番高い丘。

 

 

登ってみたかったんですが、日差しが強く暑い。

汗かきたくなかった(笑)ので、登るのやめましたww

広い園内を歩くだけでも結構な運動になる。

 

 

例のガラスのピラミッドがあるところへ。

 

 

眼の前で見るとすごい迫力。

しかし、工事のクレーンが邪魔で景観が・・・

 

 

ガラスのピラミッド内から見た景色。

中はめちゃくちゃ暑かったです(笑)

 

 

個人的な感想、あまり感動はしなかった。

それよりも暑すぎて早く車に戻りたい、という気持ちが強かった(笑)

 

観光というよりは、運動をしに来た感じになりました。

 

スープカレーSAMA【13:00】

歩いてお腹空いたので、次の目的地「羊ケ丘展望台」に向かう途中にあるスープカレー屋でランチ。

スープカレーSAMA、ここも人気店らしい。

 

 

ただ、郊外にあるため、平日はお客少なめ。

 

 

スープカレーは他の有名店に比べて少しリーズナブルな価格。

 

 

スープは5種類から選ぶことができます。

この、スープの種類の多さは他の店にはない特徴かも。

 

あと、ランチタイムはご飯の大盛り無料でした。

 

 

パリチキとチーズのカリー、トマトスープでいももちをトッピング、ご飯大盛りで注文しました。

 

 

あれ、where is パリチキ?

 

 

中に沈んでいました(笑)

味はさっぱり系のトマトスープと具材がよく合って美味しかった。

いももちのおかげで、かなりお腹膨れる(笑)

 

札幌の郊外でスープカレー食べるなら、選択肢の一つに入れておいても良い店でしょう。

 

さっぽろ羊ケ丘展望台【14:00】

札幌郊外の代表的な観光スポットの一つ、「さっぽろ羊ケ丘展望台」。

ここはクラーク博士の銅像と羊が有名らしい。

 

 

皆、ここで写真撮っていく。

晴れれば展望台から街や山々を見渡すことができる。

 

 

実はここ、夜景スポットとしても人気なんだとか。

ところで、羊は・・・

 

いた!

 

 

座り込んだまま動かない。

しばらく観察していると・・・

 

 

他の羊たちも日陰に大集結。

みんな固まって動かないんですけど(笑)

まぁ、この光景も面白いからいいんだけど。

 

足湯もあります。

 

 

 

ほとんど誰も使っていませんでしたが(笑)

 

展望台にあるオーストリア館。

なぜにオーストリアなんだ?笑

 

 

2階はお土産店、1階は飲食スペースになっています。

 

 

お目当てはソフト。

 

 

 

ここであえて白い恋人ソフトを注文。

 

 

白い恋人のホワイトチョコレートのような濃厚なクリーム。

特濃でうまい。

この後、白い恋人パークに行くんですがね、なぜかここで食べるというww

 

カフェ・ノエル【14:30】

ちょっと一人落ち着きたかったので、羊ケ丘展望台のふもとにあるカフェ「カフェ・ノエル」へ。

この辺では知る人ぞ知る、人気の喫茶店らしい。

 

1階が喫煙席、2階が禁煙席と分かれているのもありがたい。

こちら2階の禁煙席。

 

 

店内から流れるスピーカー音が絶妙で心地いい。

ここで、コーヒーとチーズケーキのセットを注文。

 

 

オーナーが丁寧に淹れたドリップコーヒーは至福の味。

窓側の席にコンセント発見。

 

 

こりゃ、パソコンがあれば1日中籠もってしまいそう(笑)

 

白い恋人パーク【16:50】

カフェで1時間以上ダラダラ過ごし(笑)、重い腰を上げて向かった次なる目的地は「白い恋人パーク」。

名前の通り、まさにテーマパークそのもの。

 

 

パーク内に入るとまるで異世界への入り口のような雰囲気。

 

 

ガーデンのレベルがすごい。

 

 

これは綺麗!

 

 

他にも、インスタ映えしそうな写真スポットの数々。

 

 

 

ユーモアあふれる人形たち。

 

 

外側だけでも十分楽しめそうな展示が多い。

さて、建物の中はどうなっているのでしょうか。

さっそく入り口へ。

 

お出迎えの貴公子(笑)

 

 

中へ入ると・・・

 

 

まるで結婚式場のような、華やかな雰囲気。

 

 

接客中のロボット。

 

 

なぜかクリオネがいる。

 

 

建物入ってすぐ右手にある、白い恋人の土産店。

 

 

白い恋人といえば、これ。

 

 

ホワイトチョコレートをラングドシャクッキーで挟んだお菓子が有名ですよね。

でも、白い恋人パークでは、パーク内でしか購入できない限定品も多い。

 

普段、なかなか見かけない白い恋人のクッキー。

しかもバラ売りしてる。

 

 

なまらバターバウム、i・ガトーうまそう。

 

 

白いロールケーキ。

買って帰りたかった・・・

 

 

白い恋人のチョコレート。

 

 

白い恋人のプリン。

 

 

ここでしか買えないお土産が多数ある。

白い恋人ファンは必見のスポットです。

 

白い恋人パークの、道路挟んで向かい側にはサッカースタジアムが。

 

 

実はここ、コンサドーレ札幌というサッカーチームの練習場所らしい。

サッカーファンなら必見の場所でしょう。

 

スタジアム席にて自由見学可。

 

 

サッカー好きはぜひ、ここにも寄ってみては。

 

[mobile-only]

スポンサーリンク

[/mobile-only]

札幌を代表する名店「スープカレーGARAKU」へ【21:00】

白い恋人パークの後、いったん市内に戻り車を駐車場へ。

この後、札幌ビール博物館に行ってビールを試飲、その後藻岩山にて夜景を眺める・・・

というプランでしたが。。。

 

ゲストハウスで知り合った友人に夕食を誘われたので、それならとビール博物館は止めていったんゲストハウスへ。

しばらくしてから、夜の街へ繰り出しました。

 

向かったのは、スープカレーのGARAKU。

札幌のスープカレーを代表する名店ですね。

 

21時頃に行ったのに、まだ人並んでる。

 

 

とはいうものの、回転が早いのか、すぐに店内に入ることができました。

思ったより広い店内。

 

 

これがGARAKUのメニュー。

写真付きでわかりやすい。

 

 

 

どれも美味しそうで迷いましたが、定番の「やわらかチキンレッグと野菜」を注文。

(トッピングに揚げもちを追加)

 

 

スープは思った以上にあっさり系。

 

 

あっさり系だがスパイスが絶妙に効いていて旨い!

うますぎてご飯が足りない(笑)

 

そして、スープだけでなく、野菜も美味しい。

特に揚げブロッコリー最高!

ブロッコリーなのに、焼のりのような香ばしい風味。

 

食事中は友人と一言も話さなかった、それくらい夢中になって食べてました(笑)

ちなみに、友人が頼んだ「上富良野ラベンダーポークの豚しゃぶと7種のきのこの森」←名前長っww。

 

 

このメニューはGARAKUのオススメ。

こっちもうまそう。

 

総評すると、GARAKUのスープカレーはかなりあっさり系なので、少々物足りない感はありました。

たぶん、もう一杯はいけた。

飲み会後の締めのラーメン的なノリで行っても良い店だな、と不覚ながら思ってしまいました(笑)

 

でも、女性にとってはちょうど良い量かもしれませんね。

 

レジ前にはGARAKUのインスタントスープカレーが売っている。

 

 

お土産に1箱買っちゃいました。

 

以上、札幌の名店、スープカレーGARAKUよりお届けしました。

 

最後におまけ。

夜のさっぽろ大通公園。

 

 

日本3大夜景の一つ、藻岩山からの夜景は見ることができませんでしたが、大通公園の夜景もなかなかのものです。

これにて、札幌観光は終わり。

 

明日はいよいよ帰還の時。

苫小牧フェリーターミナルに向かう途中、千歳空港でお土産を物色しにいきます。

それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です