屋久島

鹿児島空港から屋久島まで高速船トッピー&ロケットで行く方法

 

屋久島へ行くためには、ほとんどの場合はいったん鹿児島空港へ行かなければなりません。

鹿児島空港から屋久島までは飛行機、高速船、フェリーの3通りの行き方がありますが、値段と時間のバランスを考えると高速船が最も良い交通手段だと考えています。

 

本記事では鹿児島空港から屋久島まで、高速船トッピー&ロケットで行く方法について解説します。

空港からどこでどう乗り換えれば良いのか、写真付きで解説していますので参考にしていただければ幸いです。

 

屋久島までの行き方全まとめはこちらの記事をご参照ください▼

あわせて読みたい
屋久島へのアクセス方法・料金まとめ(飛行機、高速船、フェリー) どうも、屋久島大好きなヒロキです。 今回は屋久島へのアクセス方法や料金をまとめてご紹介します。 「屋久島へは...

 

スポンサーリンク

鹿児島空港から屋久島まで行くおおまかな流れ・かかる料金は?

まずは鹿児島空港から屋久島まで、どういった流れで行くのかをおおまかに説明します。

鹿児島空港から屋久島まで使う交通手段は以下の2つです。

  1. 高速バス(鹿児島空港〜高速船ターミナル)
  2. 高速船トッピー&ロケット(高速船ターミナル〜屋久島)

 

そして、上記2つの交通手段でかかる往復運賃は、

高速バス:1,250円×往復 = 2,500円
高速船トッピー&ロケット:往復15,000円
合計:17,500円

 

です。

高速船トッピー&ロケットに乗船するためには高速船ターミナルまで移動しなければならないため、空港で高速バスに乗ります。

高速バスで港に着いたら、乗船手続きをして出発時間まで待ちます。

 

乗船のアナウンスが流れたら船へ乗り込みます。

乗船時間は2時間〜2時間30分ほど。

 

途中で種子島に経由するかしないかで30〜40分ほど時間が変わってきます。

詳しくは後ほどご紹介します。

 

まずはどのような流れで屋久島へ行くのかを確認しておきましょう。

僕が2018年4月の屋久島旅行で、実際に屋久島まで移動したスケジュールを以下ご紹介します。

参考にしてみてください。

  • 9:10 鹿児島空港着
  • 10:00 高速船ターミナル行きバスに乗車
  • 10:55 高速船ターミナル着
  • 12:00 高速船トッピー発
  • 13:50 宮之浦港着

 

高速船トッピー&ロケットの時刻表と予約方法

続いては高速船トッピー&ロケットの具体的な予約方法をご紹介していきます。

高速船の予約はインターネットから行うことができます。
(空席照会・予約・時刻表の確認ができます)

高速船トッピー&ロケット公式サイト

 

チケットは当日に窓口でも購入できますが、事前に予約しておいた方が当日スムーズに受付できます。

また、インターネットからの予約だと早割で15,000円⇒14,200円で購入できます。

 

ネットで予約すると登録したメールアドレスに決済確認メールと予約番号のメールがそれぞれ送付されます。

当日、乗船手続きの際は予約番号の印刷物、もしくは予約番号の表示されたスマホ画面を見せればOKです。

  • 高速船トッピー&ロケットで屋久島へ行く場合、到着港が「宮之浦港」と「安房港」の2箇所あります。
  • 到着先の港は時刻表で決まっており、各時刻ともどちらか片方にしかとまりません(宮之浦港行きの便が多いです)。
  • 自分が「宮之浦港」か「安房港」のどちらの宿を予約したかを事前に把握した上で、高速船トッピー&ロケットの予約をしましょう。

 

鹿児島空港から屋久島までのアクセス方法

鹿児島空港〜高速船ターミナル

続いては当日の屋久島までのアクセス方法を順に解説していきます。

鹿児島空港に到着したら、すぐ目の前に出口があります。

 

高速船ターミナル行きの高速バスは3番出口を出てすぐ左側、②番乗り場から出発します。

高速船ターミナル行きのバス時刻表
(高速船ターミナル行きは時刻表の赤文字のみです)

 

 

高速船ターミナル行きのバスは前払い制なので、事前にバスの切符を買う必要があります。

バスの切符は②番乗り場のすぐ後方にあります。

 

 

券売機にて購入できます。
(領収書が欲しい方は右手の有人窓口で購入すると良いです)

料金は片道1,250円です。

 

 

切符を購入したらバスが到着するのを待ちます。

 

 

バスが到着したら大きな荷物はトランクルームに預けて乗車します。

乗車時にバスチケットを運賃箱に入れます。

 

 

バスはリムジンバスなので広々としていて快適でした。

 

 

高速船ターミナルまでの所要時間は約1時間です。

 

 

高速船ターミナル入り口の目の前に到着します。

 

高速船ターミナル〜屋久島(宮之浦港 or 安房港)

高速船ターミナルに到着したら、続いては乗船手続きです。

乗船手続きは出発の1時間前からできます。

 

 

インターネットで事前予約されている方は、予約番号の分かるものを提示してチェックインします。

3辺が115cmかつ15kgを越える荷物がある場合は別途料金を支払う必要があります。

 

 

チェックイン時に座席の指定ができます。

窓側から先に埋まっていくので、窓側希望の方は早めに行って並んでおくことをおすすめします。

手続きが完了すると、行きの搭乗券と帰りのチケットがもらえます。

 

 

帰りのチケットはなくさないように大切に保管しておきましょう。

乗車まで時間がある場合はターミナル内で待つことになります。

 

ターミナル内にはお土産▼

 

そしてこちらには食堂があります▼

 

昼時に出発の方はしばらく昼食が取れないので、ここで食べていっても良いでしょう。
(味は可もなく不可もなくといった感じでした)

 

荷物を預けたい方はお手洗いの向かいにある「手荷物預り所」が便利です▼

 

コインロッカーも付いています。

 

乗車のアナウンスは出発の15〜10分前にされます。

案内されたら高速船へ乗船します。

 

 

高速船入り口の前にいるスタッフにチケットを見せて乗船します。

 

 

チケットに書かれている座席番号のアルファベットごとに座席が分かれているので、該当するアルファベットの場所へ移動します。

わからなければスタッフが教えてくれます。

 

 

船内(2F)はこんな感じです。

 

 

乗船後、だいたい2時間〜2時間30分で「宮之浦港」もしくは「安房港」に到着します。

 

船酔いが心配な方は酔い止め薬はあった方が良いかも

最後に、船へ乗る方にとって心配な船酔いですが・・・

僕の感覚では高速船トッピー&ロケットはそんなに激しく揺れることはありませんでした。

 

大型フェリーだと船体がデカい分揺れも大きいですが、高速船の場合は時速80kmで走行するので揺れも小刻みでそれほど気にはならないでしょう。

ただし、船酔いは個人差があるので、酔いやすい方は念のために酔い止め薬の持参をおすすめします。

 

まとめ

以上、鹿児島空港から屋久島まで高速船トッピー&ロケットで行く方法をご紹介しました。

高速船で行く場合、空港からバスに乗り換えないといけませんが、乗り換え方法などネットで調べてもなかなか出てこないので不安な方も多いはず。

でも、乗り換え自体そんなに難しくないですし、鹿児島空港も小さいので場所で迷うこともあまりないので安心してください。

 

本記事を参考に、安全で楽しい屋久島旅行にしてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です