屋久島

民宿いわかわの宿泊レビュー!新館の内観や快適性は最高レベルだった

 

2018年4月の屋久島旅行では宮之浦にある「民宿いわかわ」という民宿に6泊7日泊まりました。

もともと民宿いわかわには本館と別館ががりましたが、半年ほど前に新館ができたばかりとのことで、今回は新館のほうに宿泊させていただきました。

 

その新館がものすごく良かったので、今回はそのレビューをします。

これから民宿いわかわに宿泊される方、民宿選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

屋久島の民宿おすすめランキングのまとめはこちら▼

あわせて読みたい
屋久島にはどんな宿泊施設がある?あなたにオススメの宿はどれ? 屋久島旅行へ行くと決めたら、まずは旅行プランを立てますよね。 プランが決まったら航空券を予約。 そして、航空券が取れ...

 

スポンサーリンク

「民宿いわかわ」とは?

ここでは民宿いわかわがどんな宿なのか、また予約やチェックインなどの方法をご紹介します。

 

民宿いわかわの基本情報

民宿いわかわは宮之浦港からは徒歩15分ほどの場所にある民宿です。

民宿いわかわには現在、本館と別館、新館の3棟あり、予約の時点で空いていれば好きな棟を選ぶことができます。
(新館は2名以上の予約が原則ですが、繁忙期でなければ一人での予約も可)

 

どの棟も宮之浦の街の中心部にあり、バス停「宮之浦」からも徒歩5分以内と近いので、縄文杉や白谷雲水峡へもアクセスしやすいです。

 

 

また、近くには美味しいレストラン・居酒屋が多いので食べるのには困りません。

 

スーパーは「ヤクデン」と「Aコープ」があり、それぞれ徒歩15分くらいかかります。

買い物へ行くには少し遠いかもしれませんね。

 

敷地内には駐車場もあるので、レンタカーを借りるのも良いかもしれません。

あわせて読みたい
屋久島内の交通手段は?おすすめの移動手段は? 屋久島内の主な移動方法はバス、タクシー、レンタカーの3つです。 その他、手軽な移動方法としてバイクや自転車などもあります。...

 

料金は本館、別館が1泊3,000円、新館が1泊3,280円です。

料金がそれほど変わらないので、新館に人気が集中する傾向にあります。

新館を狙うのなら早めの予約がおすすめです。

 

連泊する方やリピーターの方はうれしい割引制度があります。

民宿いわかわの基本情報

料金:1泊3,280円(リピーター割、連泊割あり)
アクセス方法:宮之浦港から徒歩16分( Googleマップで見る
駐車場:あり(5台ほど)
洗濯機・乾燥機:あり(乾燥機のみ有料、8分100円)
無料Wi-Fi:あり
TEL: 0997-42-0747
ウェブサイト:http://www.iwakawa-yakushima.jp/index2.html

 

民宿いわかわの予約・チェックイン方法

民宿いわかわを予約する場合は、電話、もしくは宿のホームページから直接予約することができます。

 

また、大手の宿泊予約はサイトBooking.comで予約することもできます。
(連泊割引、リピーター割引は適用されなくなります)

予約の変更・キャンセルが無料でできるので、僕はBooking.comで予約しました。

 

続いてはチェックイン方法についてです。

民宿いわかわは本館、別館、新館にかかわらず、まずは本館でチェックインを済ませます。

 

チェックインは本館1Fにある「つり具の岩川」の店内で行います。

 

 

店内にてチェックイン、料金の支払いを済ませます。

 

 

支払いは現金のみで、クレジットカードは使えないので注意しましょう。

また、民宿いわかわでは登山弁当の予約受付も行っています。

 

 

翌日に登山へ行かれる方は、チェックインのタイミングで一緒に予約しておくと良いでしょう。

 

チェックインが終わったらスタッフの一人が部屋まで案内してくれます。

 

民宿いわかわの内観・快適性は?

いよいよ僕が1週間泊まった新館のレビューをさせていただきます。

まず、結論から言うと

 

個人的には超最高レベルの民宿でした。

具体的に言うと、

  • 部屋も館内も至るところが清潔でキレイ
  • 痒いところに手が届くほど何でも揃っている
  • 周辺が静かで夜も快適
  • ロケーションが最高
  • 料金が安い

 

など、他にも挙げればキリがないほどあります。

屋久島でこれほどキレイかつ快適で安い宿は、おそらくここ民宿いわかわの新館だけなのではないでしょうか。

 

ではどんな民宿なのか、さっそく新館の中をみていきましょう。

2018年4月時点で、新館はまだ建って半年しか経っていなかったので、さすがに外観も内観もキレイです。

 

民宿いわかわ

 

玄関左手に下駄箱があります。

下駄箱の上にはチェックアウト時の鍵返却BOXや屋久島で役立つ資料などが置いてあります。

 

 

玄関入って右手にはお弁当入れBOXがあります。

 

 

弁当を予約しておいた方は、当日の早朝(4時ごろ)にこのBOXに届けられます。

便利ですね。

 

続いては部屋の中をみていきましょう。

僕が泊まった部屋は1Fの部屋。

 

 

部屋の中もかなりキレイです。

ハンガー掛けやハンガー、テレビ、エアコン、ミニ鏡も付いています。

 

 

布団はクローゼットの中に用意されていました。

 

 

布団もかなり清潔でGoodです。

続いては、トイレ・シャワールームをみていきましょう。

新館には、1Fと2Fのそれぞれにトイレ、シャワーがあり、1Fには各2つずつありました。

 

 

シャワーには脱衣所もついており、中にはボディソープ、シャンプー、リンスがありました。

 

 

シャワー室手前にはハンドタオル、バスタオルも用意されています。

 

 

トイレはウォシュレット付きの様式トイレです。

ここのトイレ、一つスゴイ機能がついているんです。何だと思いますか?

 

 

なんと、自動で流れるんです。

感動したのは僕だけでしょうか(笑)

 

さて、続いては洗面台へ。

洗面台も1Fと2Fにそれぞれあります。

 

 

ドライヤーも付いていますよ。

歯ブラシや歯磨き粉は自分で用意する必要があります。

 

気になる洗濯機・乾燥機は・・・

 

 

洗濯機が3台と乾燥機が2台あります。

左手には登山靴の乾燥機も。

 

洗濯機は洗剤も付いていて、利用は無料。

乾燥機は有料で、8分で100円です。

[mobile-only]

スポンサーリンク

[/mobile-only]

ここの乾燥機、料金は高めですがかなりデカイので短時間ですぐに乾きます。

2日分の衣類だったら200〜300円もあれば十分乾きますよ。

 

 

玄関入って左手には共用のリビングルームもありますよ。

 

 

ここで夕食を食べるもよし、旅人同士で交流するのも良いですね。

調理器具、冷蔵庫などは一通り揃っています。

 

 

以上、新館の紹介でした。

全体的に見て、ものすごくキレイでした。清潔感の点数はパーフェクトですね。

これもスタッフが毎日細かいところまで清掃しているおかげですね。

 

近くには美味しいレストラン・居酒屋も多くて便利

宮之浦の中心部には美味しいレストランや居酒屋が集中しています。

民宿いわかわは、そんな宮之浦の中心部にあるので、宿から徒歩圏内で美味しいレストランや居酒屋に行けてしまいます。

 

おかげて、僕は毎日違うレストラン・居酒屋に通っていました(笑)

お金が飛ぶ飛ぶww

 

 

でも、お金をかけてでも食べる価値のあるグルメが、屋久島にはたくさんあります。

民宿いわかわに泊まったら、ぜひ近場のレストラン・居酒屋にも寄ってみてくださいね。

あわせて読みたい
実食レビューあり!屋久島で絶対行きたいおすすめグルメ10選屋久島行ったら何食べようか・・・ どうせ行くなら屋久島でしか食べられない料理が食べたい! そう思いますよね。 ...

 

まとめ

「民宿いわかわ」の新館はいかがでしたでしょうか。

以下に、民宿いわかわの特徴をまとめてみました。

  • 全体的にかなり清潔
  • 1F、2Fともにシャワー、トイレ、洗面台がある
  • ハンドタオル、バスタオルも用意されている
  • 洗濯機は3台(無料)、乾燥機は2台(8分100円)
  • 新館の料金は1泊3,280円(連泊割、リピータ割あり)と安い
  • 本館の受付にて登山弁当が予約できる
  • 周辺には美味しいレストラン、居酒屋がたくさん
  • バス停「宮之浦」から徒歩5分以内と近い
  • 夜の移動は街頭が少ないのでライトがあると良い

 

民宿でも色々とありますが、僕が色々と調べたり聞いたりした中ではNo.1だと思います。

屋久島で民宿をお探しの方は、ぜひ民宿いわかわも視野にいれてみてはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です