登山・アウトドア用品

登山を始めるのにかかる初期費用はいくら?ぼくが使った総額と安く抑えるコツ

 

近年の登山ブームの影響か、若者の登山者が増えてきました。

ぼくもかれこれ10年以上登山をしていますが、最近は特に山ガールを多く見かけるようになりました。

 

ところで、登山をする前に準備しておきたいのが登山用品。

登山用品店に行けば登山靴やリュックなど、登山に必要なグッズを一通りそろえることができます。

しかし、登山用品店に行ったことある方なら分かるかもしれませんが、登山用品って高いですよね・・・

高いものだと1つ4〜5万円以上とビックリするような値段に躊躇してしまうかもしれません。

 

では、登山で必要な装備をすべて揃えたら一体いくらになるのか。

また、登山装備の費用を安く抑える方法はないか。

今回はそんなお話をしていきます。

登山用品の購入、準備をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ずばり!登山用品にかかる費用はどれくらい?

まず最初に、登山に必要な初期費用をずばりお答えします。

その前に、まずは登山で必要な装備と価格帯をご紹介していきますね。

 

  • 登山靴:15,000〜45,000円
  • リュック(25L前後):10,000〜20,000円
  • レインウェア(上下):10,000〜40,000円
  • ウェア一式:10,000〜20,000円
  • 防寒具(ダウンジャケット):5,000円〜20,000円
  • 靴下:2,000〜3,000円
  • ヘッドライト:2,000〜5,000円
  • ストック:3,000円〜10,000円

 

以上、登山で最低限必要な装備をまとめました。

この装備を、一番安い価格帯で購入した場合の合計金額は、

 

57,000円

 

初期費用は最低でも5万円前後はみておいた方が良いことがわかりました。

いきなり高いと思うかもしれませんが、登山用品一式でこの金額はむしろ安い方。

まだまだ上がたくさんあります。登山用品はこだわり出したら値段もキリがありません(笑)

 

ぼくが登山用品に使ったお金の総額

ついでと言ってはなんですが、ぼくが登山用品に使った金額もご紹介しておきます。

といっても買った数や種類が半端ないので、ここでは先ほどの登山用品セットに限った合計金額の紹介にとどめます。

 

[st-mybox title=”ぼくが登山用品に使った金額” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#FACC2E” bordercolor=”#F5DA81″ bgcolor=”#FBFBEF” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

※上記リンクはAmazonサイトに飛びます

[/st-mybox]

 

以上となります。

合計金額は157,000円なり。

 

この他、テントやザック(75L)、コッフェル、ウェアの予備、ガスストーブなど全て込み込みだと、たぶん50万円以上は使っていると思います。

アウトドア用品は高いですね〜(笑)

 

これだけはお金をかけたい登山用品3選

ぼくのようにお金をかける必要はありませんが、これだけは最低限お金をかけて買った方が良いものはあります。

それは次の3点。

 

  • 登山靴
  • リュック(ザック)
  • レインウェア

 

一つずつ見ていきましょう。

 

登山靴

登山靴は登山における最重要アイテムです。

登山初心者の方からするとイマイチ必要性がわからないためか、スニーカーでも登れるんじゃないかと思うかもしれません。

でも、実際にスニーカーと登山靴で登り比べてみると、歩いた後の疲れ方が段違いです。

 

登山靴は急勾配の山道やゴツゴツとした岩場でも登りやすく、しっかりしたソールのおかげで滑りにくくなっています。

スニーカーに比べてムダな力を入れなくて良いので疲れにくいですし、滑りにくいのでより安全です。

 

登山靴は最低10,000円以上と高いですが、足だけでなく命をも守る重要なアイテム。

他の予算を削ってでも登山靴へのお金は妥協しないでほしい、というのがぼくの意見です。

 

リュック(ザック)

登山靴の次に大事だと思うアイテムがリュックです。

リュック選びで特に重視したいのが背負いやすさ。

 

登山では水や行動食、レインウェアなどたくさんの荷物を背負って長時間歩くことになります。

登山用のリュックはショルダーハーネスやウエストハーネスが体にフィットして荷重を分散させてくれるので、肩への負担が少ない、重心のバランスが取れるので疲れにくいなどのメリットがあります。

また、ほとんどの登山リュックは背面がメッシュ素材のため、背中が汗で蒸れるのを抑えてくれます。

 

普段のオシャレリュックでも登山できないことはないですが、長時間の登山での使用はあまりおすすめできません。

登山リュックの容量は登山日数や持っていく荷物の量で変わってきますが、日帰り登山がメインであれば25L前後が良いでしょう。

 

[st-midasibox title=”関連記事” fontawesome=”fa-file-text-o” bordercolor=”#ec407a” color=”” bgcolor=”#fff1f5″ borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

【初心者向け】失敗しない登山リュックの選び方!おすすめメーカーは?

[/st-midasibox]

 

レインウェア

山は天気が変わりやすいので、晴れているのに突然雨が降ってくることもあります。

そんな時にレインウェアが無いとずぶ濡れになってみるみる体温を奪われてしまうので危険です。

登山中に傘をさすわけにもいかないので、山でレインウェアは非常に大切なアイテムです。

 

ところで、レインウェアで求められる機能が防水性と透湿性。

水を弾きつつ、汗の湿気は外に逃がすという機能のことで、メジャーなものだとGORE-TEXという素材でできたレインウェアがそれに該当します。

GORE-TEX素材のレインウェアはお値段が高めですが、体を守る重要なアイテムなのでお金をかけてでもこだわってほしいです。

 

[mobile-only]

スポンサーリンク

[/mobile-only]

登山装備の費用を安くする方法は?

高い登山用品を少しでも安く抑えることができたらうれしいですよね。

そこで、以外の方法がおすすめです。

 

  • セールを狙って買う
  • 有名ブランドに絞らない
  • 中古品を買う
  • レンタルショップで借りる

 

登山用品はセールでの購入が狙い目です。

特に時期外れの在庫処分セールになると、30%〜半額とかなり値引きされます。

新品にこだわらないのであれば、中古で購入するという手もあります。

中古なら、新品で買うと高い有名ブランドメーカーのものでも安く購入できます。

 

ただ、登山は1年に1回行くか行かないか、という方はレンタルショップで一式借りた方が良いかもしれません。

特に登山靴はソールの経年劣化もあるので、使わずにダメにしてしまうのはもったいない。

レンタルなら一式を数日間借りても5,000円以内なので、今後いつやるか分からない登山のために買うよりかはお得かもしれません。

詳しくは下記リンクをご覧ください。

>>ReReレンタルで登山用品をレンタルする

 

【おまけ】登山当日にかかる費用は?

登山当日にかかる費用は大ざっぱに以下の通り。

 

  • 交通費
  • 食費
  • 行動食代
  • 宿泊代(宿泊登山の場合)
  • 山岳保険代
  • トイレの協力費
  • 下山後の温泉代など

 

登山当日も色々とお金がかかります。

特にかかる費用が交通費と宿泊代 でしょう。

交通費は利用交通機関と目的地によって変わってきます。近場の山なら安く済みます。

 

1泊2日の山小屋泊登山の場合、1泊2食付きでおおよそ8,000〜9,000円くらいが相場です。

部屋は相部屋ですが、下界の宿に比べると少々割高です。まぁ、山の上なのでしょうがないです。

 

山へ行くなら忘れてはならないのが山岳保険。

万一、遭難やケガでヘリを呼ぶと200〜300万円と多額の救援費がかかります。

保険は1年間を通して補償する年間契約タイプと、その日限定の単発契約タイプがあります。

しっかりと加入してから登山に臨みましょう。

 

まとめ

以上、登山を始めるのにかかる初期費用をご紹介しました。

これから登山用品を揃える方の参考になれば幸いです。

もし、試しで登山をやってみるならレンタルしてみるのもアリです。

登山用品は一つ一つ高いので、もし購入して一度キリの使用だともったいないですからね。

レンタルして登山にハマったら、その後登山用品を買うという流れが良いでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です