屋久島旅行記

【屋久島旅行記 3日目】雨の日の屋久島の楽しみ方

 

どうも、山好き旅好きのヒロキです。

屋久島旅行3日目はあいにくの雨天でした。

小雨ならまだしも、夕方ごろまで本降りの雨だったので登山などやる気が起きない1日でした。

 

もし、せっかく屋久島へ行ったのに、雨で登山の計画が台無しになってしまったらショックですよね。

「雨の日って何ができるの?」

そんな疑問を抱く方も多いでしょう。

 

今回は雨となった3日目の僕の過ごし方をご紹介するとともに、雨の日に観光できる屋久島のスポットもついでにご紹介します。

 

スポンサーリンク

雨の日の屋久島での僕の1日の過ごし方

4/17(火)、朝7:30起床。

この日は天気が良ければ白谷雲水峡へ行く予定でしたが、朝から強い雨だったので行く気になれず断念。

すぐに二度寝しました(笑)

 

午前中はネットサーフィン、時々ブログの執筆

二度寝して9:30に起床。

午前中はどこへも行く気が起きなかったので部屋でネットサーフィン&ブログの執筆をしていました。

インドアな時はとことんインドアになる僕(笑)

 

結局、14時ごろまで部屋で作業していました。

 

お昼は宿近くの「宮カフェ」みて

 

朝から何も食べていなかった僕は、そろそろ空腹の限界がきたので近くのカフェ「みやカフェ」へ行くことにしました。

屋久島旅行1日目の周囲散策時にちょっと気になっていたので入店することに決定。

 

みやカフェはGoogleマップの口コミでも高評価で紹介されていますが、バーガーとカレーが有名みたいです。

 

 

営業時間は朝の7-9時、11-16時。月・木が休みです。

店内は思った以上に小さめでした。

 

 

店内で食べるというよりは持ち帰りがメインのカフェだそうです。

狭いですが、一応店内でも食べることができます。

 

 

メニューは、

バーガー系だとテリヤキチキンバーガーやエビチリバーガー、

カレーだとビーフカレーやテリヤキチキンカレーなどがあります。

 

 

英語のメニューもあります。外国人観光客も多いそうです。

 

 

僕が頼んだ料理はテリヤキチキンカレー▼

 

甘口めのテリヤキチキンカレーは地元の住人から人気があるそうです。

ほどよい甘さとチキンが絶妙にマッチして美味しかったです。

 

あと、食後に屋久島で採れた紅茶を召し上がりました。

 

 

無農薬栽培で作られた紅茶で、独特のフルーティーな香りが特徴です。

普段は紅茶にミルクを入れないと気がすまない僕ですが、この屋久島紅茶はミルクがなくても香り豊かで飲みやすかったです。

天気が良ければふらっと立ち寄って、近くの公園で食べることもできます。

 

次の日の登山弁当を注文

15時ごろ、次の日の登山弁当を注文するために宿泊先の受付「民宿いわかわ」へ。

前日の縄文杉登山でも弁当を注文しましたが、なかなかのボリュームと美味しさだったのでリピートです。

 

こちらがその弁当屋「島むすび」のメニューです▼

 

新館・別館のみ受け付けているメニューになります。
(民宿いわかわには本館・別館・新館の3棟ある)

前日までに本館受付で注文しておくと、翌日の4時ごろに部屋のボックスまで届けてくれます。

便利ですね。

 

ちなみに本館の弁当メニューはこちら▼

 

「八百八」という、本館の隣にある弁当屋なので、新館・別館とは内容がこ異なります。

新館・別館でも「八百八」の弁当は注文できますが、宿まで届けてくれるかどうかは分かりません。

 

お土産店散策(2回目)

弁当の注文も終わり、次は何をしようかな〜となり、お土産店へ行きました。

またもや、屋久島観光センター。

最終日までに何を買おうかの事前調査ということで(笑)

 

屋久島行ったら三岳は絶対買わなきゃね▼

 

あと、先ほどのみやカフェで飲んだ屋久島紅茶も売っていました。

種類にもよりますが、どれも1,000円以上と高めです。

 

 

チョコキャラメルって屋久島の名物じゃないですよね?笑

 

屋久島観光センター内には屋久島の地図も売っています▼

 

お土産は郵送することもできます▼

 

どれだけ送っても普通便で1,000円、クール便で1,200円で打ち止めです。

お土産たくさん買う方はお得に自宅まで郵送できますよ。

 

伝票に記入後、商品と一緒にレジに持っていけばOKです。

 

屋久島の地図購入&旅行計画

16時ごろ、早くも部屋に戻ります(早っww)

次の日以降の予定を立てるために地図も買ってみました。

地図は3種類購入し、左から1,200円、100円、100円です▼

 

 

ただ、左と右の地図はイラストの地図なので今回は使いません(笑)

記念で買いました。

 

今回、実際に使うのは真ん中の地図です。

真ん中の「屋久島MAP」には屋久島の観光名所が地図と写真付きで紹介されています。

 

 

裏面には登山のモデルコースが紹介されています▼

 

この屋久島MAPはかなり使えるので、屋久島到着したら買っておくと良いですよ。

お値段も100円と手頃価格です。

 

ちなみに、記念で買った1,200円の地図は屋久島全体がイラストで書かれた地図です▼

 

杉の場所やルート、街の様子がこと細かにイラストで書かれています▼

 

高低差も一目で分かるので、眺めているだけで楽しいです(個人的見解です)。

あともう一つの100円で買った地図は、荒川登山口〜縄文杉コースのイラスト図です▼

 

こちらもイラストで直感的に分かりやすく描いてあります。

裏面には淀川登山口〜宮之浦岳のコース図も描いてあります。

実際にどんな道を歩くのか、事前に知りたい方にはおすすめの地図です。

 

夕飯は近場の居酒屋「さっちゃん」にて

本日の夕食は、名前につられてやってきました、「さっちゃん」という名の居酒屋。

僕は基本的にGoogleマップで口コミ数が多いor評価の高い店に行くようにしていますが、さっちゃんも近場では高評価を得ているようでした。

 

 

席は4人用テーブルが4つ、カウンターが5〜6席といったところでしょうか。

 

 

こちらがお品書き▼

 

僕はオススメの「首折れサバヅケ丼」を注文しました。

他にも一品料理やおつまみが充実しています▼

 

ドリンクはこんな感じです▼

 

お品書きに無いメニュー▼

 

おそらく季節モノなので、どんどん変わっていくメニューなのでしょう。

まずは生ビールから▼

 

お通しのサバの煮物が付いてきます。

このサバ煮、結構美味しかった!

 

そして僕が注文した首折れサバヅケ丼がやってきました▼

 

首折れサバは、鮮度を保つために釣った瞬間に首から血抜きをするため、生でも食べることができるそうです。

そんな首折れサバヅケ丼、身がぷりぷりしていて美味しいです。

 

でも、個人的にはやっぱりお通しのサバ煮の方が美味しかったんですよね〜(笑)

 

[mobile-only]

スポンサーリンク

[/mobile-only]

雨の日の屋久島でできること

以上、雨の日の僕の1日スケジュールでしたが、正直参考にならないかと思います(笑)

だって、ほとんど部屋にいるか食べるかしてましたから(笑)

 

でも、しっかりと探せば雨の日でも楽しめる観光スポットはたくさんあるんですよ。

では、屋久島で雨の日にできることは何なのか、大まかなジャンルを紹介します。

 

  1. お土産店見学
  2. 資料館の見学
  3. 体験工房
  4. 温泉めぐり
  5. カフェめぐり
  6. 屋久島料理めぐり

 

それでは、ひとつひとつ見ていきましょう。

 

1.お土産店見学

まず僕が一番に思い浮かんだのはお土産店見学です。

屋久島にはぼんかん、たんかん、魚介類などさまざまな名産があります。

 

また、食べ物系だけではなく屋久杉を使って作られた箸やお茶碗など陶芸系のお土産もたくさんあります。

買うのも良いですが、時間があればじっくり見て回っても楽しいですよ。

宮之浦の屋久島観光センター内のお土産店には試食コーナーも充実しているので、味見ツアーをするのもアリでしょう。

 

2.資料館の見学

資料館も雨の日スポットとして最適でしょう。

資料館には屋久島の成り立ちや屋久杉の種類を詳しく紹介している資料がたくさんあります。

 

 

宮之浦の「屋久島環境文化村センター」では展示ホールや映像ホールがあり、展示物だけでなく映像で屋久島を体験することができます。

ここだけでも2〜3時間は楽しめますよ。

 

3.体験工房

屋久島では屋久杉を使ってモノを作ったりする体験工房にも参加できます。

体験工房だけでも1〜2時間は楽しめます。

特に子供連れの家族はこういった体験工房はオススメです。

また、宮之浦にはキャンドルの体験工房をやっている面白いところもありました。

 

4.温泉めぐり

温泉めぐりも雨の日の楽しみ方の一つです。

屋久島には屋内温泉施設が5〜6箇所(Googleマップに表示される温泉施設のみ)ほどあります。

探せばもっとあるかもしれません。

温泉好きな方はレンタカーを借りて島内の温泉をめぐってみると良いですよ。

 

5.カフェめぐり

カフェ好きな方におすすめなのがカフェめぐりです。

屋久島は宮之浦や安房を中心にたくさんのカフェが点在します。

安くて美味しいカフェ、屋久島の名産スイーツが出るカフェなどいろんなスタイルのカフェがあります。

こういったカフェをレンタカーで回ってみるのも一つの楽しみ方ですね。

 

6.屋久島料理めぐり

カフェめぐりに近いですが、屋久島料理を堪能したい方は屋久島料理めぐりをしてみるのもアリです。

屋久島島内にはたくさんの居酒屋やレストランがあり、居酒屋の中には昼間もランチでやっているところもあります。

屋久島で採れた新鮮な魚料理や野菜料理など、屋久島の幸をめぐる旅に出てみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

結局、雨の3日目はほとんど部屋を出ませんでしたが、今思えば行けることろ沢山あったなー、と若干後悔気味です(笑)

とは言っても、雨の日は移動が大変です。

つまり、レンタカーが必要になります。

雨の日でもいろんな場所をめぐるためには、ぜひレンタカーを借りておくことをオススメします。

 

>>4日目へつづく

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です